CT Analysis NFT『2022年2月度版 NFT市場レポート』を無料公開

無料 公開日:2022/03/07

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。

『CT Analysis』が提供する『2022年2月度NFTマーケット動向調査のレポート』に関して

今回のレポートは、2月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。2月は全体的にNFTの取引ボリュームは下がりました。1月が大きすぎたとも言えます。

プロジェクト毎のランキングでは、Azukiが初めて1位になりました。BAYCは1月より取引ボリュームが下がった形になっています。1月が凄すぎたとも言えるでしょう。

Karafuru、Crabada、Invisible Friends、Cool Petsが初めてトップ10にランクインしています。

OpenSeaは過去2位の取引ボリュームを記録しています。先月よりボリュームは下がりましたが、変わらず高い水準を保っています。また何がキッカケで火がつくのかわからないので、近いうちに最高ボリュームを更新する可能性はあります。

月間アクティブトレーダーは、先月と似たような数値で推移しています。このことから、NFTホルダーが減ったわけではなく、1個あたりの単価が低くなった結果、取引ボリュームの減少に繋がっているのではないかと考えられます。

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。