CT Analysis DeFi 『2022年5月度版 DeFi市場レポート』を無料公開

無料 公開日:2022/06/06

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。

『CT Analysis』が提供する『2022年5月度版 DeFi市場レポート』に関して

CT Analysis DeFiは、2021年9月より配信開始のDeFiの市況や主要プロジェクトの動向などを手軽に確認するためのマンスリーレポートになります。

データを中心とした振り返り、考察がメインとなっており3~5分程度で読める内容となっていますので、ぜひ一度ダウンロードしてみてください。月初の配信を予定しています。

5月の市況と主要な指標

5月は、過去最も大きな下落幅を記録した一ヶ月となりました。

TVLは$100B(約13兆円)以上減少、ステーブルコイン時価総額は$30B(約3.9兆円)減少となり、DeFiにとっても厳しい一ヶ月間となりました。

5月 プロダクト動向

ブリッジ系のプロダクトでは、L2の対応が続々と進んでいます。

現状はL2側のTVL自体は大きくありませんが、資産のブリッジが加速することでL2上のプロダクトを触るチャンスが増加すると考えられるため、そろそろL2に注目し始めてもいい時期となってきたのではないでしょうか。

ステーブルコイン時価総額トップ15

USTの崩壊を受け、上位が全て法定通貨担保型のステーブルコインとなっています。

USDTは、裏付け資産に関する懸念が再浮上したことで、半ばには一時1.10付近まで価格の乖離が見られ、5月は資金が抜け時価総額が縮小する展開となりました。

また、USTを利用したレバレッジ戦略を展開していたMagic internet Moneyも、86%近く時価総額が減少しています。

レポートではこの他にもDeFiの主要なマーケット、プロダクトの動向、レイヤー2やマルチチェーンの動きなども含めて解説しています。

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。