2022年7月 NFT市場レポート

無料 公開日:2022/08/05

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。

『CT Analysis』が提供する『2022年7月 NFTマーケット動向調査のレポート』に関して

今回のレポートは、7月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。

6月からのNFTの全体的な取引ボリューム低下に続き、7月はさらに取引ボリュームが低下しました。これはETH NFTだけではなく、Solana NFTも同様のデータが出ています。

7月はBAYCが6月に引き続き、取引ボリューム1位になりました。CryptoPunksの取引が6月より活性化して、2位に着地しています。

安定的な取引ボリュームを継続的に記録しているSorareは、3位まで順位を上げています。

注目どころでは、ENSがランクインしているところです。数字のドメインや絵文字のドメインが頻繁に取引がされたことが要因で、8位にランクインしています。

7月もOpenSeaのドル建取引ボリュームは下落しています。3ヶ月連続の下落が続いています結果となりました。しかし、アクティブトレーダー数は、6月より若干増加した結果となっています。

取引ボリュームに関しては、ETHの価格も影響してくるものなので、NFT市場だけの問題ではなく、暗号通貨市場全体の回復も必要と考えられます。

他にも7月のコレクティブル市場やトレンド比較などをデータとしてまとめているので是非ともお読みください。

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。