CT Analysis第29回『2022年4月 Web3の概要と周辺ビジネス 調査レポート』を無料公開

無料 公開日:2022/04/15

第29回『2022年3月 Web3の概要と周辺ビジネス 調査レポート』に関して

今回のレポートは、バズワードとして昨年末より急速に認知を拡大するWeb3について、前提と課題を理解することを目的としています。

Webの歴史、Web3の構成要素、Web3のビジネスモデル、日本国内での法令検討の4つのトピックを通じて、Web3に関わる上で必要とされるであろう理解についてテーマ別で解説していきます。

Webの歴史とWeb3までの変遷

Web3は第三世代のウェブと言われており、これを理解するためには、初期のWebと第二世代のWebであるWeb2がどのような変遷を辿っているかを理解する必要があります。

この見出しは、Web1, Web2それぞれを理解することで、Web3がどのようなパラダイムであるかを掴むことを目的としており、Web2とWeb3の構造的な違いに関しても触れて解説していきます。

Web3の構成要素解説

この見出しでは、Web3の技術的な要素について解説していきます。Web3 Foundationが定義するWeb3の技術スタックに基づき、各レイヤーがどういった役割を持ち他のレイヤーと相互作用していくのかを見ていきます。

Web3におけるプロダクトとビジネス

この項目では、トークンやNFTを利用することでWeb3のプロダクトがどのような構造で動いているのかについて理解していきます。

後半では、個別のユースケースに応じて、Web3の関連プロダクトを概観し、Web2的なモデルとの違いを明らかにしていきます。

日本国内におけるビジネスと関連する法令の議論のポイント

最後のポイントでは、Web3に関連するビジネスを日本国内で展開する際に、一般的に検討されるべきポイントを検討し整理していきます。

ここでは主に、プロトコル/トークン発行, NFTとゲームシステム、金融アプリケーション, ファンド組成の4つのポイントについて、専門家の監修のもと紹介していきます。

リサーチレポートをダウンロードするには、会員登録が必要です。

既にアカウントをお持ちの方はログインしてください。