有料記事

2023年1月NFTマーケット動向レポート

投稿日 2023年 02月 08日

記事のシェア

目次

『CT Analysis』が提供する『2022年12月 NFTマーケット動向調査のレポート』に関して


今回のレポートは、1月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。1月も12月と同様にOpenSeaの取引ボリュームは前月を上回りました。1月は12月より大きく増加した取引ボリュームとなっています。

取引ボリュームランキングでは、BAYCシリーズのNFTが1位から3位まで独占する状態になりました。これは、Dookey Dashの影響があったと考えられます。Dookey Dashのプレイチケットである、Sewer Passも二次流通でたくさんの取引がされていました。

MemeLandのNFTであるThe Captainzがランクインしました。1.069ETHという価格にも関わらず、たくさんの購入希望が集まっていたようです。その後、二次流通でも取引がされ今回ランクインという形になっています。

OpenSeaの取引ボリュームは、12月より多い結果となっています。12月に引き続き、前月より取引ボリュームが増加しました。12月から引き続き、Blurがボリュームを伸ばしており目立っています。全体的に12月よりNFT市場が活発だったことがわかります。

Solana NFTの市場は、12月より大きく増加しています。まず、SOLの価格が上昇したことが影響していると考えられます。SOL価格上昇の要因として、BONKの存在が一部影響していると考えるのが妥当です。

FTX事件以降から、Solana NFTは不安定な雰囲気にあったと思われますが1月のデータを見ていると悪い雰囲気から脱却したように感じられます。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

タグ

    月次レポート

    NFT

目次

記事のシェア

© CT Analysis. All rights reserved.