有料記事

2023年5月NFTマーケット動向レポート

投稿日 2023年 06月 09日

記事のシェア

目次

『CT Analysis』が提供する『5月 NFT マーケット動向調査のレポート』に関して


今回のレポートは、5月のNFTマーケットの動向を調査した内容になっています。5月は4月よりNFT市場は全体的に取引ボリュームが減少傾向にあります。EthereumとSolanaの両方のNFT市場が低下していることがわかりました。その反面、Ordinal NFTの市場は活性化しております。

また、NIKEをはじめ大手企業がNFTの販売を行っていますが、「NFT」というワードを使用していない傾向が見られます。代わりに「デジタルコレクション」などの表現を使い始めていることが観察されます。

48f725b13436d89a18aa328d1b004431

プロジェクト毎のランキングでは、DMarketが初のランクインを果たしています。 Milady Makerは、イーロン・マスク氏のツイートの影響で一時、フロアプライスが急増し取引ボリュームが増加した影響でランクインしています。

少しづつゲーム系のプロジェクトがランクインすることが多くなりました。国内外で様々なブロックチェーンゲームのプロジェクトが開発されているので、ゲームの領域は今後、注目です。

16ab6941609fd1663c43502ada646d2f

個別のNFTの取引ランキングでは、引き続き全体的に価格が下がっています。いつも通り、BAYCとCryptoPunksのNFTが高額取引されランクインしています。目立ったところですと、OthersideのExpandedされていないOtherdeedがランクインしていました。Othersideは、ExpandedされていないNFTがまだ大量に残っています。

これは、Fee関連でまだ変換していないユーザーがいるのではないかと思われます。おそらく、トレーダーたちが残している可能性が考えられます。

21a870a0c2e11cf7a9b53428379a63a0

Solana NFTの市場は、4月より下落を見せています。DeGodsとy00tsがSolanaから移行した穴がまだ埋めれていないように見えます。4月に大きな取引ボリュームを記録したMad Ladsは、5月は低下し落ち着きを見せています。

5月23日に取引ボリュームが上昇しているのは、The Boxのリビールフェーズが発表されたことが影響していると考えられます。5月22日にリビール方法の案内がされると、5月23日にフロアプライスが上昇しました。また、スウィープをしまとめ買いをしているユーザーも観測されています。

免責事項


・本記事は情報提供のために作成されたものであり、暗号資産や証券その他の金融商品の売買や引受けを勧誘する目的で使用されたり、あるいはそうした取引の勧誘とみなされたり、証券その他の金融商品に関する助言や推奨を構成したりすべきものではありません。

・本記事に掲載された情報や意見は、当社が信頼できると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性、完全性、目的適合性、最新性、真実性等を保証するものではありません。

・本記事上に掲載又は記載された一切の情報に起因し又は関連して生じた損害又は損失について、当社、筆者、その他の全ての関係者は一切の責任を負いません。暗号資産にはハッキングやその他リスクが伴いますので、ご自身で十分な調査を行った上でのご利用を推奨します。

この続きを読むには

この記事は会員限定の記事になります。

登録すると続きをお読みいただけます。

目次

記事のシェア

© CT Analysis. All rights reserved.